WDC女性歯科医師の会【東日本支部】

WDC女性歯科医師の会【東日本支部】の活動内容をお知らせします。
事務局からのお知らせ

What's New

WDC 東日本支部定例会 2015年2月15日
皆様、こんにちはき
バレンタインデー翌日の2月15日(日)
平成27年第1回WDC東日本支部定例会が行われました。
今回は、いつもとは異なった会場で行われたため、会場を間違われた先生もおりドタバタがありましたが、
とても充実した一日となりました。
午前中は、東日本支部会長の天川先生によるセメンテーションの講義、午後は副支部長小倉先生、杉田先生による自由症例でした。




東日本支部会長 天川先生
今回はコンポジットレジン、ハイブリッド、二ケイ酸リチウム、長石系ポーセレン、ジルコニアに分類し、それぞれの接着操作において注意する点を講演して頂きました。実際に、天川先生が「審美修復治療」をどのように進めているか、わかりやすく提示してもらいました。
接着材料も多様化してますが、その分治療の選択枝も複雑になっています。各々の材料に対する処置は事前にしっかり理解しておくことが大切だと勉強になりました。



午後からは、自由症例を行い、
副支部長小倉先生による精度の高い哺綴物の作製を行うための留意する各ステップを発表していただきました。
精密な哺綴物を作ることは、確実な作業工程、材料の選択、ラボとの連携が大切で、各ステップに対する
小倉先生の丁寧な処置が拝見でき、とても勉強になりました。





最後は、杉田先生の下顎の義歯床を決定するのに必要なポイント!
臼後三角、顎舌骨筋線、舌小帯についての発表でした。これらのポイントは
永久に変化することのないメルクマールで審査、触診時のポイントを実際に動画で見せていただき大変勉強になりました。
歯の存在した頃の状態にどれだけイメージを持って近づけていくか、杉田先生のこだわりが伝わる発表でした。





充実した定例会の後は、懇親会です。
今回は、サッカー元日本代表ラモス選手がやっているシュラスコのお店に行ってきました時々ウインクペコちゃん
ガッツリ勉強した後のシュラスコ料理!「肉食女子」にはたまりません〜(笑)





楽しい懇親会で1日を締めくくりました矢印上
今年も、東日本支部盛り上がっていきたいと思います。

東日本支部
平岡加奈子
 

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
<< 東日本支部ブログスタートします!   WDC東日本支部 第2回定例会 2015年4月12日 >>

新着情報

カテゴリー