WDC女性歯科医師の会【東日本支部】

WDC女性歯科医師の会【東日本支部】の活動内容をお知らせします。
事務局からのお知らせ

What's New

WDC東日本支部 第2回定例会 2015年4月12日
皆様 こんにちは!
4月12日(日)、上野のヨシダ本社にて平成27年度第2回定例会を行いました。
京浜東北線と山手線に大幅な遅延がありましたが、先生方の集まりもよく
約30名の参加者のもと朝から大いに盛り上がりました。

午前の部では、まず小宮先生により『形成』をテーマにしたトピックプレゼンがありました。
毎日診療でおこなっていることですが、写真や図を活用された小宮先生の解説がとてもわかりやすく、
こ形成時の姿勢からバーの向きなど、すぐに実践できる大切なポイントを知ることができました。

続いて症例相談では、
「残存乳歯と後続永久歯への処置の考察」、「外傷歯の補綴治療」をテーマに佐久間先生が発表されました。
とても身近なテーマでしたので、矯正治療から補綴修復まで活発な意見交換ができました。
高橋先生からは「重度の若年性歯周炎、治療について」の症例相談でした。
とても難しいケースでしたが、ペリオの得意な先生方からの専門的なアドバイスもあり、
改めて、診断と予後の見極めの大切さを勉強しました。



午後からは成川先生より 「補綴前処置のいろいろ」というテーマでの発表がありました。
マイクロスコープを用いたオペの様子の動画と解説もあり、大変勉強になりました。
CTGによる軟組織のコントロールも素晴らしかったですが、ケースを通して『自分や家族が受けたい治療をする』
という先生の信念が伝わってくるご発表でした。


最後に、5月に神戸で開催されるWDC総会にむけて、
東日本支部の代表として発表される、江野先生と小木曽先生の予演会を行いました。

江野 先生 からは「周術期口腔機能管理」をテーマに発表されました。
がん患者への歯科の関わりと難しさ、
そして普段関わる機会のない私たちGPの課題を考えさせられる発表でした。

小木曽先生は、「初期治療における力のコントロール」というテーマで、ハイレベルな全顎的治療のケース
を発表されました。
確実な診査・診断と、精密な補綴治療に感銘を受けました。
ぜひ、いつかこのケースの長期予後をお聞きしたいと思いました。

先生方、総会での発表、頑張ってください!!


たくさん勉強した後は、『鳥元』というお店で懇親会を開きました。
いつもお世話になっているヨシダの方も一緒の女子会はとても盛り上がりましたビール
歯科の勉強だけでなく、人生勉強ができるのもWDCのよいところですラブ
次は定例会は6月14日(日)
今から楽しみですかわいい
      
東日本支部
森山聖子

| 活動報告 | ↑ページトップへ | 編集
関連記事≫
<< WDC 東日本支部定例会 2015年2月15日   WDC東日本6月定例会 >>

新着情報

カテゴリー